NLPコーチング福岡   NLPを駆使して本質に近付ける  ビリーフチェンジ  医療コーチング 福岡  コミュニケーション能力の開発

ビリーフチェンジ

ビリーフチェンジ  

思考とは、脳内における文章記述である。

と言われています。

野生動物の本能的反射と違い、自らの思考によって行動する私たちは「言葉」によって行動をコントロールしていると言っても過言では有りません。

頭の中で言葉によって組み立てられる文章が、その人の行動や感情に大きな影響を与えるのです。

言い換えれば、頭の中の文章を書き換える事ができれば、行動を変える事が出来るのです。

思い込み、思い癖、非合理的ビリ−フ、などなど、いろんな呼び方が有りますが、それが、自分の行動を制限し自分らしい生き方にブレーキをかけている大元です。

人は有る意味、自分の思ったとおりの人生を送っています。

心から自分のことを駄目な奴と思っている人は、そのとおりの人生を送り、決して可能性に満ち溢れた道を歩いてゆく事はないでしょう。

何度か失敗しただけで自分のことを決め付け、次の行動を起こす前に自ら制限をかけてしまう。

その事の積み重ねが、どんどんその人の可能性を小さな物にしてしまいます。

だけど、逆にその制限を取り払う事で、より自由になり可能性を広げてゆく事も出来るのです。

理屈は至ってシンプルです。ものの捉え方を変える。それだけで良いのです。

幸せの青い鳥が家の中に居た様に、可能性に溢れた人生は自分の頭の中で作る事ができます。

その分野の最新情報をまとめたのがNLPと言えるのかもしれません。

思い込み・ビリーフ  

コーチングのテーマは大きく願望実現と問題解決の2つに分けられます。
その両者に強い影響力を与え、しかも共通しているものは何だと思いますか。

それは「思い込み・ビリーフ」です。

願望がなかなか実現しないのは、その行動を止めているビリーフの存在が有るからで、そのブレーキを外す事で夢に大きく近づく事ができるのです。

問題が解決できないのは、「ねばならない」と言うビリーフ同士がぶつかり合い、進退窮まった状態を作ってしまうからです。

その様なビリーフと上手に付き合う事が、望ましい人生を手に入れる一番の近道なのです。

私たちは本来、幸福な人生を送れるような考え方を持って生まれて来るのですが、成長するにつれ、自分の経験に基づいた偏った考え方のパターンが、ビリーフとして無意識のうちにプログラミングされて行きます。

幼い自分が社会に適応する為に良かれと思って信じ込んだ事が、かえって手枷、足枷になって行動を制限してしまうと言っても過言では有りません。

NLPとビリーフ  

Neuro(神経=五感)Linguistic(言葉)Proguramming(プログラミング)の考え方は、大雑把に言えば、体験した事を感じる事により脳の中でのプログラムが出来あがる。それに言葉がつながる事で、言葉によって特定の感覚(感情)を呼び出す回路が出来る。と言う物です。

例えば「梅干し」という言葉を聞くと、目の前に存在しないにも係わらず、口の中に唾液がたまる事で説明できます。(梅干しを食べた体験が、すでに脳の中でプログラムされている。)

自分と一体化して自分でも気付かなくなった「ビリーフ」を、言葉によってその感覚を呼び出すことで見つけ、それを無力化する手段「ビリーフチェンジ」により、制限の薄皮を一枚一枚はがして行く事が出来ます。

その過程を繰り返す事で、あなたが生まれた時から持っていた、キラキラと輝く本来の姿を取り戻す事ができるのです。

言葉に光を当てることで、心の闇を消してゆく。

それが私のビリーフチェンジコーチングです。

ビリーフチェンジセラピー  

セラピーと一言で言っても、心理療法からマッサージまで幅が広く、漠然として掴みどころが有りません。

クライアント側から見ても、「癒される事でリラックスしたい」から「重くのしかかるトラウマから開放され、自分を取り戻したい」まで、多様なニーズが存在すると思います。

私が学んだコーチング研修機関では、「コーチング、クライアントの心の傷や歪みを整える様な過去を扱う事はしない。クライアントの未来をより豊かにする為のサポートに専念する」と教わりました。

しかし、それではクライアントが自分の守備範囲に限定されるだけでなく、人の心自体大きく揺れ動く物であり、その揺れ幅に対処でき得るものを身に付けて、初めて効果的なコーチングができるのだと私は思いました。

そのため、交流分析、ユング心理学、フォーカシング、ブリ-フセラピーを起源とするソリューション・フォーカス・アプローチなどを学びましたが、結局の所、それらを包括的に束ねていると思われるNLPに辿り着きました。

NLPには色々な要素が有りますが、一番大切なのは「物の見方・捉え方」だと、私は確信しています。

そのまた鍵を握るのが、「ビリーフ」です。

そのビリーフを言葉によって浮かび上がらせ、それを五感で感じ、認め、感謝する事で、今では必要の無くなったビリーフに別れを告げる。

そのビリーフチェンジを繰り返すことで、薄い着物を一枚づつ脱ぎ捨てててゆくように、心も身体もフンワリ軽くなって・・・・、本来の自分と初めて出会うのです。



無料体験コーチングを、お気軽にお受けください。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional