NLPコーチング福岡   NLPを駆使して本質に近付ける  ビリーフチェンジ  医療コーチング 福岡  コミュニケーション能力の開発

NLPとは

NLP  

NLPとは神経言語プログラミング (しんけいげんごぷろぐらみんぐ, 神経言語学的プログラミングとも, Neuro-Linguistic Programming: NLP) ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーの二人によって提唱されたもので、催眠療法のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法のフレデリック・パールズ、家族療法のバージニア・サティアの、3人の心理療法家が意識的・無意識的に用いていたテクニックを体系化したものだとされます。

モデリング  

その後、ジョン・グリンダーは優れた人物の体系化そのものの技術(モデリングという)に焦点を当てて、New Code NLPを創始しました(既存のものをOld Codeと呼んで区別した)。( Wikipediaより引用 )

NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。

成功した人、うまくいってる人の一連の思考や行動をモデル化し、それを使って脳をプログラム化すれば誰でもうまくいくと主張しています。(はてなより引用)

つまりNLPとは、天才セラピストの行動パターンや思考パターンを体系化し、後天的に身につけ、習慣化することで自己の成長を図ることのできる心理技法のことです。

今日、NLPは多くのセミナーが開催され広く学ばれています。NLPを実践することで人生を切り開いてほしいと思います。

相手の身になって考えて見る  

NLPにはいくつかの前提があります。

例えば、「人は自分の地図に反応していて、現実そのものに反応しているのではない。したがって本当の意味でのコミュニケーションを行うには相手の感覚に基づく地図の理解を目指す必要がある」というものを例にとってみましょう。

他者とコミュニケーションをとる際に自分の過去の経験や主観に基づく価値観や信念、考えを相手にも当てはめてしまい、同意を求めてしまうことはありませんか? NLPで指摘する地図とは、このようなことをいうのです。

また、他者から何か言われて憤慨するような出来事が起きたとき、それは他者の言葉が自分の「地図」でいうところの怒りに触れる内容なので、そこに反応してしまったということなのです。

これは自分が他者に行う言葉がけも同じことが言えます。 よってNLPの考え方では、他者とコミュニケーションをとる際には相手の地図を理解することが重要だと説かれているのです。

さらに相手の地図を尊重して相手のフィールドに入っていくことはコミュニケーションの根本的条件であり、NLPでは大切な教えとなっています。

いわゆる「相手の身になって考えてみる」ということ践することで人生を切り開いてほしいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional